课文

シルクロードと日本人

中国人にとって、シルクロードは、洛阳を东の端とするのが常识かもしれないが、日本人の中には、それよりさらに东の「奈良」まで延びていたという感覚を持っている人もいる。正仓院に保存されている数々の宝物を目にするたびに、「シルクロードの东端は奈良である」と実感する。

「奈良の大仏」で知られる东大寺大仏殿の北西に、正仓院がある。正仓院は、仏教を深く信仰し、东大寺の大仏を建立した圣武天皇(701-756)とその皇后ゆかりの品々を保存した场所である。その数は9000点あまりに及び、その多くは遣唐使が唐から持ち帰った美术工芸品であるといわれる。

例えば、宝物の1つに「白瑠璃椀」というガラスの器がある。これと同じものがササン朝ペルシャ(现在のイラン)の遗迹から多く见つかっている。调査した结果、この「白瑠璃椀」は、1200年以上も前にペルシャからラクダに积まれ、シルクロードを通って中国に伝えられた後、遣唐使の船に乗って日本にやってきたことが分かった。また、「螺铜紫檀五弦琵琶」という宝物もある。世界で唯一现存する五弦の琵琶で高度な技术による细工が施され、表面にはラクダに乗った吟游诗人が描かれている。いかにもシルクロードを通って日本に伝えられたことを物语っているような宝物である。ほかにも、ガラス制の瓶、杯などの器、ガラス玉の装饰品など、西域で作られた物がシルクロードを通って日本に伝来したことが判明している。他方、8世纪ごろに遣唐使に随行してペルシャ人が来日した记録も残っていることなどから、日本が唐代の东西交通路に连なっていたことは事実であり、日本人が「シルクロードの东端は奈良である」というのも、あながち理由のないこととはいえないのではないだろうか。

シルクロードは悠久の太古から、东アジアと西アジア、アジアとヨーロッパ、そして北アフリカとを结んできた。「绢の道」とも呼ばれるように、中国原産の绢が西アジアやヨーロッパに运ばれるとともに多様な文物や技术がシルクロードを行き来した。そのため、シルクロードのルート上にある地域では、东西の文化が融合し、独自の変化を遂げてきたのだ。

アジアとヨーロッパ、北アフリカの三大大陆を结ぶルートは、広大且つ复雑である。例えば、现在の洛阳を起点としてローマに至る古代シルクロード「オアシス路」は、新疆ウイグル自治区に入って、天山山脉の北侧を通るルートと南侧を通るルート、そしてタリム盆地の南縁を通るルートなどに分かれる。このほか、ユーラシア大陆北部の草原地帯を通る「ステップ路」、広州から海に乗り出し、インド洋、アラビア半岛に至る「南海路」もあった。さらに、洛阳を起点として东の明州(宁波)に至るルートもあり、その明州からは、日本の奈良につながる海路が存在していたということだ。

日本人がシルクロードに强い関心を寄せるようになったのは、日中平和友好条约が缔结(1978年8月12日)された2年後の1980年に、『NHK特集シルクロード』が放映されてからである。多くの人たちが「シルクロード」という言叶にエキゾチックなイメージを强く抱いたのであった。あるいは喜多郎が作曲した「NHK特集シルタロード」のテーマ曲の影响もあったかもしれない。実は、それ以前にも、圏伊玖磨が管弦楽组曲「シルクロード」を作曲したり、平山郁夫がシルクロードを旅し、仏教文化の伝来をモチーフに絵画を描いたりするなど、シルクロードに魅せられ、その思いを独自に表现していた日本人がいたことも忘れてはならない。

毎年秋になると、奈良国立博物馆で正仓院の宝物展が开催される。第1回开催は1946年にさかのぼるが、以来、正仓院に保存されている宝物のうちから、毎年70点ほどが选ばれ、一般に公开されている。约20日闻の会期中に访れる人は、毎回10万人以上に上り、2009年にはその数は30万人近くに达した。毎年泊まりがけで正仓院展を见に行く热心なファンもいるほどだ。そして、そのだれもが、はるか昔に唐をはじめ、インド、ペルシャ、远くはギリシャやローマなどからもたらされた、国际色豊かな工芸品を目にして感叹の声を上げ、シルクロードと日本のつながりを强く実感させられる。

シルクロードを访ねる日本人旅行者も増えている。西安、敦煌はもちろんのことかつてはシルクロードのオアシスといわれ、现在では中国有数の工业?商业の中心地へと変貌したウルムチや、古くからシルクロードの重要な拠点として栄え、『西游记』の舞台にもなったトルファン、千数百年の时间を砂の中で眠り続けた楼兰などを访ねる人々も多い。

そんな旅行者が异口同音に言う。「1200年以上も前から日本は世界につながっていたのだ」と、その日本と世界をつないでいたのがシルクロードだと思うと、壮大なロマンを感じるではないか。

下一页:单词2