会话

①産学协同
心身堂では、东横大学と协同で新素材容器の开発を行っている。基础的な研究开発を大学が行い、心身堂が商品化するというものである。
(心身堂开発部の福山が、东横大学の松下教授の研究室に顔を出す)
福山:先生、その後、进捗状况はいかがでしょうか。
松下:うーん、顺调と言いたいところだけど、一向に进まなくて、正直、头が痛いですよ。
福山:(申し訳なさそうに)すみません。
松下:いやあ、とにかくお宅から出された课题が、「冷蔵库から出しても水滴が出ない」「いつまでも冷たいまま」ですからね。1つだけならまだしも。
福山:无理は承知のうえです。でも、その点を改良できれば、新素材のペットボトルとしては画期的だと思うんですが…。
松下:确かにそうですが…。(ふざけて)この分だと、商品化までの道のりは远いかもね。
福山:そうおっしゃらずに、先生、そこを何とか。(気を取り直して)それに、もしそんな素材が开発できれば、ペットボトル以外にも用途を広げられると思うんです。
松下:ええ。
(助教の向井に声をかける)向井さん、例のやつを持ってきて。
向井:はい。あれですね。分かりました。
(向井が开発中の素材が入った箱を持ってくる)
松下:(福山に向かって)ちょっと触ってみてください。
福山:(箱の中の物质を触って)何ですか、これ。何かの粉のようですが…。
向井:开発中の合成树脂です。原料はイグサ。
福山:イグサ?あの畳表を作る。
松下:そう。イグサには、吸湿性、つまり水分を吸収するという性质があって、それを利用して新しい素材ができないかと思いついたんですよ。
福山:へえ。イグサとは思いもよりませんでした。
松下:そう。しかも、イグサには保温性もありますし。
福山:保温性ですか?
向井:はい。スポンジ状の织维がたくさんあって、それが中に空気を含み、外に逃さないんです。

②お披露目
産学协同で开発した新素材の容器が完成し、関系部署の担当者にお披露目される。
(本社会议室。试作品が并んでいる)
高岛:(试作品を手に取って)普通の発泡スチロールの容器みたいですが。
福山:ふたを开けてみてください。
高岛:(ふたを开けて手を入れてみる)あーっ、ひんやりしてる。(中を确认して)あれ?保冷剤が入っていないのに?何で?
福山:不思议でしょう?実は、それが、この容器の秘密なんです。
山田:どういうことですか。ずっと冷蔵库に入れておいたということ?
高岛:でも、外侧は冷たくない。冷蔵库に入っていたなら、中だけ冷たいというのはおかしいし。
福山:実は、3时间ほど前に氷を入れておいたんです。
山田:なんだ。氷ですか。3时间経ったから、すっかり溶けているというわけですね。
高岛:でも、溶けた水は入ってませんよ。どうしてですか。
(福山が吸湿性と保温性について説明する)
福山:容器の内侧には、肉眼では确认できないほど细かいスポンジ状の突起が付いています。
高岛:(内侧を触って)ああ、なんかざらざらしています。これですね。
福山:そうです。その突起が氷の水分を吸収して、冷気を中に闭じ込めます。これが吸湿性です。そして、ふたをして密封しておけば、中の温度は一定に保たれます。つまり、保温性ですね。
山田:なるほど。吸湿性と保温性を兼ね备えた素材ということですか。
福山:ええ。ですから、氷を入れっぱなしにしておいても、水分は残らないというわけです。
高岛:あのう、その保温性って、どのくらい持続するんですか。
福山:そうですね…。例えば、1Lの容器なら、氷1个でおよそ8时间保冷が可能です。
高岛:はあ。でも、必ず氷が必要なんですか。
福山:いいえ。ふたをせずに容器ごと冷蔵库で冷やして、外に出した时にふたをすれば、冷気が闭じ込められるので、同じような効果があります。
山田:それと、温性ってことは、当然、温かいものは温かいままになりますよね。
福山:もちろんです。例えば、たこ焼きを入れたとしますね。その场合でも、热気を吸収して保温しますので、水分が出ません。
高岛:ということは、あの、べちゃっとした感じがなくなるわけですね。
福山:ええ、そうです。结果的に、食感も保たれるということです。

下一页:单词